2017年1月5日木曜日

結婚相談恋愛で貴女の彼氏を観る

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 結婚相談恋愛 


お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 





結婚相談恋愛


J・K・ローリング
自分が書いたものではない、いわゆる「続編」が作られないように、主人公を殺してしまう作者の気持ちはとてもよく理解できます。そうすれば、私と一緒に話が終わるのです。そして、私が死んだ後に、主人公を復活させる事はできなくなるでしょう。

7巻より前に彼を殺そうと思った事はありません。私の計画は7冊の本を書く事でしたから。それが私のやりたかった事です。私は7巻目で終わりにしたいのです。

少年時代と青春時代の毎年、彼は魔法世界を救ってきました。そして誰も彼を信じなかった。彼は……彼は世界を救うことに全ての人生を費やし、次の学年が始まると学校に戻っていじめにあうのです。彼はハリー・ポッターで、彼は学校全体を守った。そして誰もが、彼はちょっと迷惑な存在だと思っているのです。

アガサ・クリスティはポアロでそれをやったでしょ?彼女は自分自身で彼を終わらせたかったんです。

子供のために書いたつもりはない。自分自身が楽しいと思う物語を書いた。

私自身の立場は明確にはしません……私が何より嫌いなのは、悪意に満ちたメールです。

私たちが話しているのは、純粋な悪なんですよ!だから彼らは、エキストラは目標にしませんよね?彼らはメイン・キャラクターを直接攻撃します……私ならそうします。

無関心と放置はしばしば嫌い、ってことより人を傷つける。

有名になったことで、本当に面倒なことがいろいろ起こりました。本のプロモーションをしないといけないプレッシャーと、第四巻を完成させなければならないという読者からの──そして私自身からの──プレッシャーの狭間で、大変な思いをしました。こんな思いをしてまで続ける値うちがあるのだろうかとまっ暗な気持ちで数週間を過ごしたこともありました。