2016年9月25日日曜日

明日は明日の風に乗り、新しい自分になる

出会い結婚相談 彼氏恋愛相談 結婚相談恋愛



お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 




トゥモローはトゥモローのウインドが吹く ルー大柴さんの言葉だけど、本語で言われるより、明るさが増す気がする。 
多くの人が勝ち抜き戦だと思い、他人よりも目敏く、要領よくと思い、簡単に言えば狡賢い争いをしている、否定はできない。 負けた勝ったに拘ることを否定はしない、でも負けているからと言っていらいらしていると復活戦にも出れない。 ただの文句の多いめんどくさい奴だ、大声で文句を言えば、倍やられる、勝ち逃げなんか、言い逃げなんか、負けたひとの特徴だ。
品性なくして、誰も貴方の言うことを聞かない、聞いているふりで、そんなこと知っていると負け惜しみを言うだけだ、損をしている感覚が全てなのだ、卑屈になり、誰も相手をしてくれない、それでいいんだといきがるけど、寂しい人生だと思う日が辛い、今日までの自分、明日は新しい風で変わろう。

水島広子

多くの人が「人間、怒るべきときには怒らないとダメだ。でないとナメられる」と思っていますがその説は迷信です。権利はもちろん主張していいし、ナメられることは避けたいものです。でも、その手段が怒りである必要はありません。怒りは相手の当座の行動を変えることはできますが、納得を得ることはできません。納得を得たいなら、怒るよりも「困っています」と、切々と訴える方が得策です。


慢性的な怒りとは「我慢させられている」という思い、つまり被害者意識から生まれるものなのです。しかし、怒りを持ち続けると、心には更なるダメージが加わります。被害者意識に凝り固まるとものの見方が偏るため、何事につけても悲観的になりますし、対人関係も歪んできます。また、怒りは集中力を下げてしまうので仕事に支障をきたすというデメリットもあります。


親からいつも誰かと比較されて育った人は、「他人からの評価」=「自分の価値」になりやすい。また、親から与えられる愛情が不安定だった人も、心に傷があり、自分に自信が持てず、いつも人に認められたいと願うようになります。そういう人が、自分の存在を認められなくなる危機に直面すると、過去の「心の傷」が刺激される。それが嫉妬の感情です。


嫉妬は、自分の存在が認められていない、あるいは認められなくなる危機を自分に知らせる感情です。つまり、自分の立場が脅かされた時に起きる